引越し業者評判おすすめ比較ランキング 相場や見積もりが安い会社を知る方法

引越し業者に依頼すると決めたなら、次は見積りをとって業者の選択をします。

数多くある引越し業者の中から、何を基準に選んだら良いのでしょう?初めての引越しでは悩んでしまいますね。

 

引越し業者はネットで検索見積り!

引越し業者を探すのにネットで検索する方法があります。

複数の業者から見積もりをとりたい場合は「引越し業者一括見積りサイト」を利用してみるのもいいかもしれません。

 

見積り依頼する前に荷物がどれくらいあるか書き出しておきましょう!

おおよその荷物と必要事項などを入力します。

その後、業者から返信が届き電話やメールの嵐となるでしょう。便利ではありますが、勧誘される面倒臭さがありますね。

見積りは数社でと考えてるなら、地元に強い引越し業者を検索し、直接電話してみる方法もあります。

ネットで検索する際は「引越し業者○○県」で探すと良い情報が出てきます。

 

オススメは直接交渉!

ネットで検索し、気になる業者があったら口コミなども見てみましょう。

あくまでも参考程度です。引越し業者との相性もありますし、担当者によって対応も違うでしょう。

受け取り方は人それぞれですから、悪い評価があっても全てではありません。

何社かに絞れたら直接連絡してみます。

一括見積りサイトを利用して出た見積りは概算ですので、実際の金額とは異なります。

単身の引越しではあまり気にならないかもしれませんが、損害保険に加入している業者を選んだ方がいいですよ。契約前に聞いてみましょう。

そして2社くらいに絞れたら見積りに来てもらいましょう。もちろん1社で決まりなら、その業者に来てもらいます。契約の即決を迫る業者は注意してくださいね。意外と多いです。

この業者にお願いしようと決めたら最終的な交渉をしてみましょう。営業マンの中には会社に電話を入れて値引きの確認を取るなど色々してくれたりします。

逆に安く引越すための提案をしてくれることもありますね。

 

「この日の午後なら、いくらでできます」と具体的な提案をしてくれる良心的な営業マンもいるので相談して決めてください。

日にちや時間など柔軟に対応できるようであれば、更に安く引越しできる可能性もありますよ。

日程と料金が決まったら契約成立です。

ダンボールやガムテープなどの備品を置いて行ってもらいます。

大抵はダンボール○枚まではサービス!となっています。この枚数を超えるようなら有料ってことですが、交渉すれば数枚は無料でくれるところが多いです。

ハンガーBOXやシューズBOXを無料で貸出してくれる業者も増えてきましたので、何を何個貸してくれるのか必ず確認してください。

引越し当日にハンガーBOXが利用できれば、洋服を荷造りする必要ありませんからね!

営業マンは部屋を見渡し、収納してある物まで全て確認し、どれくらいの引越しになるかを判断します。

荷物を見てダンボールの枚数など計算し、必要枚数より少し多めに置いて行ってくれますよ!

自転車など、部屋以外に置いてある物で持って行く物があれば必ず伝えてください。

これを忘れると引越し当日に車に積めない…金額変更など困ったことになってしまいます。

《注意!!》

見積りの段階で契約もしていないのにダンボールを置いていく業者があります。これは要注意です。

悪徳業者のやり口で、親切に見せかけ、契約しなかった場合ダンボールの費用を請求してきます。しかも回収には来ず、持ってこいということです。

実際にダンボールというのは有料で、値段が付いているものですから使用すれば支払いが生じます。

契約が条件で無料で頂く物ですので、契約前にはもらわないことです。無理矢理置いていく業者には注意してください。

業者が決まり引越し日時も決まったら次は荷造りです!

もう一息!頑張りましょう!!

エリカ

エリカ

投稿者プロフィール

学生時代から1人暮らし歴が長く、合計で13回の引越し経験があります。豊富な経験から必要な情報を分かりやすく纏めています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る