賃貸の保証人と連帯保証人の責任の違いと豆知識

賃貸契約の際、何かとお世話になる連帯保証人について是非知っておいてもらいたいことがあります。

どれだけ責任重大な役割を引き受けてくれたのか…。

身が引き締まる思いですよ!

連帯保証人の責任!

物件を借りる時にほとんどの場合は連帯保証人をたてることになりますが、この連帯保証人の役割をご存知でしょうか?

お願いする側もされる側も安易に考えて引き受けるものではありません。

親・兄弟であっても収入がない場合などは連帯保証人になれないこともあります。

とても重い責任を課せられる連帯保証人ですから、それなりの責任を負える人でなければ認められない訳です。

「保証人」と「連帯保証人」は負う責任が全然違います。

連帯保証人は借主と同等の責任を負う必要があるからです。

簡単に言ってしまえば、保証人であれば言い逃れができることでも連帯保証人の場合は一切できない、払えと言われれば何が何でも払わなければいけないということです。

例えば借主が、お金はあるのに払わないといったケースでは、

保証人は「本人がお金を持っているんだから払わせればいいじゃないか」と言っても構いません。

これに対して連帯保証人は借主に催促してくれ的なことさえ言う権利がないのです。

払えと言われたら待ったなしで払うしかないのが連帯保証人です。

連帯保証人が支払いに応じなかった場合は、法的に給与差し押さえなども可能なので逃げようがありません。

もちろん借主が滞納なく、部屋を大切に使用して生活してくれれば何も問題ないことです!

連帯保証人を頼む人と頼まれる人との信頼関係が必須でしょう。

親・兄弟であれば多少の甘えなどがあるかもしれません。

なってくれて当り前位に思っているかもしれませんね。

でも、それは大きな間違いですよ!親が連帯保証人になってくれる場合でも、子の責任を負う覚悟でサインしてくれるのですから、感謝の気持ちと絶対に迷惑を掛けない気持ちでいることを約束しましょう!

賃貸の連帯保証人マメ知識!

賃貸物件は大抵2年契約で、更新料を支払うことで更新されます。最初に借りた時ほど面倒な手続きはありませんが、火災保険料の契約更新なども同時に行われます。

その際に連帯保証人の契約も更新されることを覚えておいてください!

特に形式ばった書類がなかった場合でも、連帯保証人の責任は賃貸解約まで永遠に続いていくことを忘れないでくださいね。

保証会社を利用する

親が高齢で年金生活のため連帯保証人として認められない、頼める親族がいない、頼みたくないなど様々な理由で保証会社を利用せざるを得ないケースもあるでしょう。

保証人代行会社もピンキリでやはり悪徳業者もはびこっています。

どうしても代行サービスが必要な場合は不動産屋に相談して、斡旋してもらうことをオススメします!

保証人不要の物件も検討!

最近では保証人不要の物件も昔に比べるとたくさんあります。

連帯保証人がいない、代行サービスも利用したくない、そんな悩みを解決してくれる有難い物件です。

検討する価値はありますね!

連帯保証人に関するまとめ

連帯保証人がどういうものかご理解いただけましたか?

賃貸の保証人位どうってことないと思われましたか?…

とんでもありません、賃貸でも裁判で争うような事例はいっぱいあるんですよ。

火災などは火災保険が対応してくれますが、物件内で事件や事故に巻き込まれた時など部屋の価値が下がってしまうような事態が起きたら…。

考えたらキリがありませんが、要するに覚悟して連帯保証人を引き受ける責任の重さを理解していただきたいと思います。

エリカ

エリカ

投稿者プロフィール

学生時代から1人暮らし歴が長く、合計で13回の引越し経験があります。豊富な経験から必要な情報を分かりやすく纏めています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る