賃貸の入居審査と基準 職業や人物を大家は見ている

物件の内見後、気に入ったら申込み!

という流れになりますが、入居申込みについてのポイントを確認していきましょう!

入居申し込みに関すること!

最終確認!入居申込みをするということは「この部屋を借りたい!」という意思表示です。

とりあえず…とか、一応…とかで安易に申込みをすることはやめましょう。

キャンセルなどで契約に至らなかった場合など、不動産屋や大家さんの心証は悪くなります。

一生懸命探し、すっごく気に入って申込んだけど事情があってというちゃんとした理由があれば別ですよ!

入居審査って?

申込みをすることで入居審査対象になります。

不動産屋と大家さんが申込みをした人について「物件を貸しても問題ない人か?」ということを審査するのが入居審査です。

身近なところで例えるとクレジットカードを作る時の審査に似ているかもしれません。

「この人にお金を貸して大丈夫か?ちゃんと収入があって返済能力があるのか?」ということを調べますよね?

入居審査も同じです。どんな所に勤めていて、収入はどれ位あって、勤続年数は?みたいなことを申込書から判断していき、実際に問い合わせもします。

そして、連帯保証人についても同じように調べます。

記載に虚偽があればその時点で審査には落ちます。

書類上はクリアしても人柄重視で入居者を決めている大家さんなら対応や態度なども審査の対象になることもあり得ます。

大家さんは対面していないので、不動産屋の「見る目」に託される場合もありますね。

なので、不動産屋のドアを開けた瞬間から「見られている」ことを意識した方がいいですよ!いくらお金があっても気に入った物件を貸してもらえない可能性だってあるということです!

審査の基準

年収…支払い能力を判断する材料

家賃との兼ね合いが取れた収入があるか?

例え50万の収入があっても借りたい部屋の家賃が40万であれば不可能と判断しますよね?

分相応の金額であれば年収は多いに越したことはありません。

職業…信頼性を判断する材料

職業で人を判断するのは一般的に考えると好ましくないことですが、部屋を貸す立場で考えると仕方ないことだと理解できます。

フリーターや派遣、日雇労働者では不利になってしまうこともあるでしょう。

水商売や芸能関係もマイナスイメージが強く、拒否する大家さんがいることも覚悟しておいた方がいいでしょう。

そして収入は高くても「ん?あやしい会社?」と思われたら敬遠されます。

連帯保証人…基本2親等以内が一般的

借りる本人がフリーターや学生など、収入が不安定もしくは無収入であっても連帯保証人の力で難なくクリアできることもあります。

連帯保証人は借主と同等の責任を負う役割があるため、父親が公務員や安定した企業の役職が付いた人物だったりすると比較的簡単に審査に通る傾向にあります。

人物重視…人柄も審査の対象

家賃が払えるか微妙なくらいの人は別として、払う能力あり・職業は少し不安定・連帯保証人も2人で対応する条件の人が審査に通るとすれば人柄だと思います。

堅実で好印象、この人なら大丈夫!と不動産屋が判断してくれれば大家さんにも薦めてくれます。

入居者同士のトラブルは大家さんも嫌がりますから、人柄は大変重要な位置づけで考える傾向にあります。

私は十何回と物件を借りたことがありますが、賃貸契約はどことなく仕事の面接に似ているような気がします。

「この部屋に住みたい!」気持ちが意外と大家さんの心に響くようです。

仕事でも「これだけできるから給料これくらいは出してもらわないと」という人と「まだまだ勉強中ですが、頑張ります。この職場で働きたいですっ!」という人、どちらが好印象ですか?

私は後者だと思います。

職場で必要としている人材にもよりますが、やっぱり印象は重要ですね!

入居審査の意味を理解し、低姿勢で挑んでください!

エリカ

エリカ

投稿者プロフィール

学生時代から1人暮らし歴が長く、合計で13回の引越し経験があります。豊富な経験から必要な情報を分かりやすく纏めています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る