引越しのスケジュールを立てよう!

引越しのスケジュールは1ヶ月前から立てていくとスムーズに事が進みます。

余裕をもって段取りできるのが、1ヶ月前からと思ってもらえればいいです!

現在が賃貸住宅に住んでいる方は、早急に解約手続きをしましょう。

物件の契約にもよりますが、一般的には1ヶ月前には解約の連絡をすることになっていると思います。

引越し日を決める!

まずは引越し日を決めます。

この日を基準に他の全てのスケジュールを立てることができきるので、できるだけ早めに決めましょう!

引越し業者を利用する場合も、繁忙期などでは希望の日程を取れないことがありますので、早めの行動を心掛けてくださいね!

大まかな流れ!

引越し1ヶ月前~引越し後1~2週間以内にするべきこと!

【1ヶ月前】

  • 引越し方法は決まりましたね。業者依頼なら契約を済ませましょう。
  • 不用品の処分検討、粗大ゴミの手配(実家なら必要ないかも?)
  • 賃貸契約者は解約の手続きを!(分かっている場合は、もっと早くに連絡しましょう)
  • 新居でのインターネット契約

【1~3週間前】

  • 荷造りを始めましょう!
  • 間取り図を元に家具などの配置表を作成
  • 郵便物の転送手続き(転居届)
  • 購入リスト作成
  • 転出、転居届の手続き
  • 電気、ガス、水道、携帯電話の移転手続き
  • 自動引落し手続き(公共料金など)

【1週間~前日まで】

  • ・荷造りを終えていること・冷蔵庫、洗濯機の水抜き

    ・新居での、ご挨拶用品購入

【引越し当日】

  • 電気、ガス、水道の精算(旧居)
  • 最終チェック…掃除、ブレーカーOFF
  • ガスの開栓(新居)
  • 近所へご挨拶

【引越し後1~2週間】

  • 転入届の手続き
  • 運転免許証の住所変更
  • 自転車、バイクなどの登録変更手続き
  • 各種住所変更
  • 荷物整理
  • ダンボールの処分(業者の場合、引取り回収)

1人暮らしの引越しで一般的な流れを簡単に紹介しましたが、やることが何となく分かってもらえればと思います。

知っているのと知らないのとでは大違いですから!

世帯の引越しとは若干異なる点などがあり、省略しているもの(固定電話、NHK、新聞など)もあることはご了承ください。

やることがいっぱいあって憂鬱になってしまいますが、快適な1人暮らしをするためにやらなければいけないことばかりです。

実家から出て初めての1人暮らしの人もいれば元々1人暮らしをしていての引越しの人もいるでしょう。

引越しに伴いやるべきことの中から、自分に該当する項目をチェックし、期限となる日付を書き込んでおくといいですよ!

簡単に分けると「引越し前にやること」「引越し当日にやること」「引越し後にやること」の3つです!難しく考えず、楽しんで準備していきましょう。

では、それぞれの項目について詳細に説明していきますね!

エリカ

エリカ

投稿者プロフィール

学生時代から1人暮らし歴が長く、合計で13回の引越し経験があります。豊富な経験から必要な情報を分かりやすく纏めています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る