転出・転居届の手続き手順 住民票の異動が義務ではなくなるケースは?

引越しをする際に必須となる手続きです。引越しする先によって手続きが異なります。

そのため、引越し先により「転出届」と「転居届」の違いが生じます。

転出・転居届

実家を離れ1人暮らしをすることになっても、学生さんの場合、手続きをしないで住民票が親元にあるまんま…という人も少なくないようです。

いろいろな考えで住民票の異動をあえてしないケースがあるようです。

本来は引越し=届出が義務です。学生だから届出は必要ないと思っている方もいるようですが、それは間違いですね。

学生であり、ある条件をクリアしていた場合、義務ではなくなるケースもあると解釈した方がいいですよ。

引越し後、14日以内に転入届を出さなければいけないという決まりがあります。これを守らなければ最大5万円の過料という罰則にもなりかねません。

では、どのような条件で住民票の異動が義務ではなくなるのか説明しますね!

①実家を離れ学生の期間が1年以下であり、今後実家に戻る予定がない

②学生の期間が1年以上あり、定期的に実家に帰っている

上記のようになっているようですが、①で考えれば学生期間が1年以下であれば住民票の異動は必要ないと考えられます。②は微妙ですね。

国からのお達しで「一年以上継続して生活の本拠が移る場合は転居(または、転出・転入)の届出が必要」とあります。これに準じて考えれば②はアウトです!

しかし、本拠地はあくまでも実家で1人暮らしの部屋は仮住まいと主張すれば逃れられるのでしょう。

住民票を移動したくない理由

住民票を移動したくない理由は何でしょう?

成人式に参加するためと答える人が多いのでは。

それなら心配ご無用ですよ!引越して県外に住民票を異動させても小・中・高と過ごした地域の成人式に参加することは不可能ではありません。

成人式の案内は住民票がある住所に届きますが、地元の市区町村役場・教育委員会などに相談すれば高い確率で参加できます。

成人式の3~4ヶ月前には問い合わせてみてください!

では、各届出の手続きの仕方を見ていきましょう!

転出届

現在居住の市区町村以外への引越しの場合、転出届の手続きが必要です。

手続きする場所は、管轄の市区町村役場です。

各市区町村にもよりますが、引越しの1~2週間前位から受け付けてくれますよ!転出届は引越し前までに手続きを済ませましょう!

この手続きにより、「転出証明書」が発行されます。転入届の手続きの際に必要な書類ですので、大切に保管してください。

転居届

同じ市区町村への引越しの場合、転居届の手続きが必要です。

手続きする場所は転出届同様です。

転居届には提出期限があり、引越し後14日以内の決まりがあります。引越し前には手続きできません。

引越し前にも後にもこの1回で手続き完了となります。転居届の場合は、転入届の手続きはありません!

【届出に必要なもの】

  • 印鑑 ・運転免許証、パスポートなど(身分を証明できればOK!)
  • 新住所をメモして持参!
  • 国民健康保険証(学生用の保険証「マル学」該当者)の場合、在学証明書

各市区町村によって多少異なるため、事前に問い合わせをしてから足を運んでくださいね!

エリカ

エリカ

投稿者プロフィール

学生時代から1人暮らし歴が長く、合計で13回の引越し経験があります。豊富な経験から必要な情報を分かりやすく纏めています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る