引越しにおける電気・ガス・水道などの手続き!

実家では当たり前のように使用している電気・ガス・水道ですが、これらは全て契約して初めて使用できるものです。

電気はブレーカーをONにすれば利用できますし、水道は蛇口をひねれば水が出てきます。

そして利用した分の料金が発生しますので、きちんと手続きをしておきましょう!

電気・ガス・水道の手続き!

実家を出て初めての1人暮らしであれば、電気・ガス・水道など新規で契約になります。

すでに1人暮らしをしている方が引越す場合は、移転の手続きが行われ旧住所地では精算、新住所地では利用開始の手続きが必要になります。

電話やインターネットでの手続きも可能です。

賃貸契約した際に不動産屋から電気・ガス・水道の連絡先を教えてもらえると思います。

事前に連絡し、新規で入居することを伝えて手続きをしましょう!引越しの1~2週間前には手続き完了となるように!

各会社に連絡する際は住所を聞かれますので、すぐに答えられるように準備しておきましょう。

電気

引越しの連絡を入れ、入居後はブレーカーを上げて通電させ利用開始となります。

玄関ポストや下駄箱の上あたりに利用開始のハガキが置いてあることが多いので、確認してみましょう!

そのハガキを完成させ、ポストに投函すれば手続き完了です。

電気は間取りに合わせて契約アンペアを決めていますが、必ずしも適正とは限りません。

マンションやアパートでは一般的な使用量を目安に取り付けられているため、電気をたくさん使用すればブレーカーが落ちてしまう可能性がありますね。

逆に電気はあまり使わないとしたら契約アンペアを変更した方が基本料金が安くなります。

ブレーカーを変更してもらうのは無料ですが、賃貸物件の場合は大家さんや管理人の承諾が必要です。

勝手に変えることはできませんので、相談してみてください。

ちなみに1人暮らしの住居の間取りは、ワンルーム~せいぜい2DKだと思います。

そうすると15A~30Aが一般的です。1LDK以下であれば20Aで契約している人が多いですね。

契約アンペア(A)の月額基本料金は下記の通りです。(税込) ※H27年2月現在

15A:421.20円   20A:561.60円  30A:842.40円

この他に電力量料金など使用量に応じて計算され、電気料金として請求されます。

入居後、実際に生活してみて不都合が生じるようなことがあれば契約アンペアの変更を検討するのもいいでしょう。

ガス

ガスの使用に関しては立ち会いが必要です。引越しの連絡をする際に、開栓してほしい希望日と希望時間を伝えましょう!

混んでいる場合、希望日の開栓ができないこともありますので引越し日が決まり次第、早めに連絡することですね!

プロパンガスの場合は、契約時に1万円程度の保証金を支払うことになるので、確認し準備しておきましょう。解約時に返金されます。

ガスも電気同様、利用開始のハガキがあると思いますが、立ち会い時に契約書を提出してしまうと楽ですよ!

ガスコンロなど購入した場合は、ガス開栓時に点検してくれますので、立ち会いの前に設置しておくことをオススメします!

水道

水道のメーター付近に元栓がありますので、蛇口をひねっても水が出ない場合は元栓を開きましょう!

電気・ガス同様、事前に引越しの連絡をし、利用開始のハガキを記入してポストに投函すれば手続き完了です!

どれも口座振替が便利です!クレジットカード払いですとポイントも貯まり一石二鳥!払い忘れもないので安心ですね。

エリカ

エリカ

投稿者プロフィール

学生時代から1人暮らし歴が長く、合計で13回の引越し経験があります。豊富な経験から必要な情報を分かりやすく纏めています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る