通勤・通学など生活スタイルに合わせて住む地域を絞る

住む地域を決めるために何を基準に考えたらいいのでしょう?

憧れの地域と生活するための地域は違います!

予算を踏まえた上で住みやすい地域・行動しやすい地域を探しましょう。

 

生活スタイルに合わせて地域を絞る!

「在宅勤務の仕事だから静かな環境ならどこでもいいよ!」という人以外は、通勤・通学が必須になりますよね。

毎日通う会社や学校に近いに越したことはないですが、場所によっては家賃が高くて住めない地域の場合も考えられます。

人によっては近すぎるのも束縛されているようでイヤだと感じることもあるでしょう。

近すぎず、遠すぎず、家賃も手頃のベストポジションを見つけましょう。

 

通勤・通学を考えた部屋探し

これは意外と難しいんですよね…。考え方次第で方向性さえも変わってきます。

その地域を熟知しているからこそできる考え方もあるんです。

例えば…

駅からは遠いのですが、バス便が不自由に感じない間隔で頻繁に利用できる。

通勤・通学時間帯であっても道路の渋滞があまりないため、ストレスを感じない。

深夜・早朝のバスも走っているから残業時も対応できる。

駅に着いて目の前にバスが待っていて、バスに乗ること10分、降りて徒歩で3分という物件であれば駅から徒歩15分の物件とあまり変わらないと思いませんか?

疲れて帰宅するのに徒歩15分は意外とキツイです…。

バス便豊富な駅であれば駅自体が栄えていることが多いので、駅構内にスーパーがあったり、駅ビルになっていて買い物には困らない生活ができます。買い物をすることを考えても条件クリアですね!

学生さんであれば交通費の問題がありますが、会社員(勤め人)であれば通勤手当が出るので自己負担はないという前提で考えられます。

物件情報にも「バス便豊富!」などと記載されているものもありますが、渋滞やダイアの乱れ必然という場合もありますので、要調査です!

このように正確な情報が分かっていれば選択肢は広がりますよね?

 

駅から徒歩圏内の物件は比較的家賃も高めです。駅そのものが人気がある場合も高いです。

快速が停まる駅・始発の駅も人気がありますので、家賃は高めで物件品薄といった感じです。

できれば乗り換えなしで目的地に着きたいですよね?予算が許されるなら探すことも可能でしょうが、中々難しいです。

駅を重視するなら上記のようにバス便利用の物件探し、バスはちょっと…というなら各駅のみ停車する駅に絞るなど妥協も必要ですね。

 

乗り継ぎもホームを変えずに、降りたら向かいのホームに乗り換える位ならいかがですか?

探せばありますよ、そのような乗り継ぎ方法も!

通勤・通学時間にかけられる時間を平均すると1時間前後ってところですね。

上記を踏まえた上であなたが通勤・通学にかけられる時間はどれ位ですか?

利用する駅の路線図を調べて、乗り換えも考慮しながら住む駅を絞りましょう!

 

週に数回習い事!

通勤・通学以外に週に複数回利用する駅が決まっている場合は、それも考慮した部屋探しをした方がいいですね。

家と反対方向へ行くのも面倒ですし、交通費もかかってしまいます。

通勤・通学路線で途中下車する分には寄り道感覚!さらに定期使用で節約になりますよ!

エリカ

エリカ

投稿者プロフィール

学生時代から1人暮らし歴が長く、合計で13回の引越し経験があります。豊富な経験から必要な情報を分かりやすく纏めています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る