引越し挨拶は必要!?ご挨拶の品物は引越し蕎麦(ひっこしそば)?

引越し先では最低でもお部屋が面している両隣・上下のお宅にはご挨拶しておいた方がいいですね!ちょっとした手土産をご挨拶の品として、引越し当日には各お宅へ出向きましょう!

…というのが一般的な常識と思いますが、現在は時代の変化もあってか1人暮らしの場合、挨拶はしない・来なくていいと思っている人が半数を上回っているという声もあります。

引越し挨拶は必要!?

私個人の意見としては、やっぱり引越し挨拶はしておいた方がいいと考えます。不要と考える人もいることを踏まえて挨拶に行けば、邪険に扱われても納得できますからね!

必要と考えている人もいる訳ですから、そういう人の場合は行かないことが失礼になりますしね。行って「結構です。」と断られたならそれはそれで良しとしましょう!

地域や建物構造、居住している人の層にもよる!

学生だらけのアパートなどでは挨拶不要も理解できます。しかし、アパートであってもファミリー世帯が住んでいる場合では、挨拶しておいた方が無難です。礼儀正しくご挨拶をすることで1人暮らしの助けになってくれることも有り得るからです。

私も以前、間取りが様々なコーポに住んだことがあります。10世帯くらいのこじんまりとしたコーポでした。

単身者もいれば小さい子どものいるファミリーもいる、夫婦だけの世帯もあり、高齢者もいる…本当に住んでいる人も様々でした。

この時は、大家さんからのアドバイスもあり、9世帯全てのお宅にご挨拶に行きました。

とても感じよく、挨拶慣れしている印象を受けた記憶があります。住人同士は気持ちの良い挨拶を交わし、時にはお裾分けなども頂きました。

それでいて深入りはしない、丁度いいお付き合いができていたので安心して住んでいられましたね!

普段から良くして頂いていたので、子どもの遊ぶ声なども気にならず、かわいく思えたものでした。

お付き合いもなく顔も知らない関係であれば「うるさいなぁ。」と思ってストレスが溜まっていたかもしれません。

女性の1人暮らし!

女性の場合、引越し挨拶も警戒が必要です。

物件を決める際に住人層はチェックしていますよね?

問題なさそうであれば両隣と上下にはご挨拶しましょう!

大家さんに確認してみましょう!

都会と地方では人のつながり方も違います。都会では不要が一般的であっても地方もそうだとは限りません。

挨拶が必要か不要か直接聞いた方がいいでしょう!

ご挨拶の品物を選ぼう!

ご挨拶に手ぶらで行くわけにはいかないので、ちょっとした手土産程度の品物を用意するのが一般的です。

値段は500円前後で十分です!面識のない人からの食べ物は敬遠されることもあるので避けた方がいいでしょう。実用品が1番無難ですね!

タオルや洗剤は値段も手頃で、あって困る物ではないのでご挨拶の品物として最適です。

あまり高額な物は逆に迷惑になってしまうこともあるので、高くても1,000円以内に抑えましょう!

ファミリーでの引越しなどでは、名前を覚えてもらうためにも熨斗を付けることもありますが、1人暮らしではそこまでしなくていいと思います。

また、引越し蕎麦(ひっこしそば)は江戸時代中期から江戸を中心に広がっていた習慣で、近年はなくなりつつある風習です。さすがに、今日日は配る必要はないでしょう。

挨拶に行くことでどんな人が住んでいるのかも分かりますので、是非ご挨拶はされた方がいいですね!

エリカ

エリカ

投稿者プロフィール

学生時代から1人暮らし歴が長く、合計で13回の引越し経験があります。豊富な経験から必要な情報を分かりやすく纏めています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る