自動車に関する住所変更手続き各種!~車検証~

引越しに伴い運転免許証の住所変更はされていますよね?車を所有していて引越し先で利用するなら他にも自動車関係の手続きが必要です。

住民票を移す手続きで全てが変更されると思っている人…意外と少なくないようです。

自動車に関する住所変更手続き各種!~車検証~

具体的に何をすればいいの?と迷ってしまいますね!手続きを行う場所などにも違いがありますので順番に説明していきますね!

まずは車検証の住所変更ですが、所有している自動車の種類によって手続きする場所が異なります。引越し後、15日以内に手続きを行うことが定められていますが、期限を過ぎても罰則はありません。しかし、困るのは自分です。

車検証の住所変更をすると自動車税の納付書の送付先も変更されます。車検証の手続きを先に済ませることで各都道府県税事務所に行く手間が省けますね!

車検証の住所変更を怠ると車を買い替える時などに下取りに出す・廃車にするなどの手続き時に大変面倒になってしまいます。

日数が経てば経つほど手続きに行くのが面倒になってしまいますので、引越しの一連の手続きとして早めに済ませてしまいましょう!

普通乗用車の場合

住所地を管轄する陸運局にて住所変更手続きを行います。

【必要書類】

・自動車検査証(車検証)

・申請書…陸運局にあります。

・手数料納付書…陸運局にあります。

・自動車保管場所証明書(車庫証明)…発行後1ヶ月以内のもの。

・新住所記載の住民票など…発行後3ヶ月以内のもの。

・自動車税申告書…陸運局にあります。

・印鑑…認印OK!

上記書類を揃え、変更手続き費用を用意してください。費用は地域によって異なるものもあるため、事前に確認しておきましょう。

一般的には、手数料(印紙代)…350円

申請書用紙代…およそ100円

ナンバープレートを変更する場合…およそ2,000円

※希望ナンバーの場合は、もっと高くなります。

引越しにより、管轄する陸運局が変わる場合はナンバープレートの変更が必要になります。その際は車両の持ち込みをしてナンバープレートを取り換えてもらいます。

【代理人申請】

ローン支払い中などで所有者がクレジット会社やディーラーの名義になっている場合は、代理人申請ということになります。

その場合、委任状が必要になりますのでクレジット会社もしくはディーラーなどに確認しましょう!

軽自動車の場合

住所地を管轄する軽自動車検査協会にて住所変更手続きを行います。

【必要書類】

・自動車検査証(車検証)

・自動車検査証記入申請書…協会にあります。

・ナンバープレート…ナンバー変更時に持参。※車両を持ち込む必要はありません。

・自動車保管場所証明書(車庫証明)…発行後1ヶ月以内のもの。

・新住所記載の住民票など…発行後3ヶ月以内のもの。

・軽自動車税申告書…協会にあります。

・印鑑…認印OK!

代理人申請の場合は、「申請依頼書(委任状)」が必要です!

一般的な費用として、申請書用紙代…100円

ナンバープレート代…およそ1,500円

自分で手続きするのは面倒だなぁという方は、行政書士などに依頼する手もありますよ。何でも経験と思ってやってみるのもいいですね!

不明な点などは管轄する陸運局・軽自動車検査協会に問い合わせしましょう!

エリカ

エリカ

投稿者プロフィール

学生時代から1人暮らし歴が長く、合計で13回の引越し経験があります。豊富な経験から必要な情報を分かりやすく纏めています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る