自動車に関する住所変更手続き各種!~自動車税・原付バイクなど~

普通車を所有している人は車庫証明を取り、車検証の変更手続きも終わりましたね!でも、車に関する手続きはまだ終わらないんですよ…。

本当に色々な手続きがあり、まだまだ落ち着くことができませんね。もう一頑張りして、車関係の手続きを一気に終わらせてしまいましょー!

自動車に関する住所変更手続き各種!~その他~

車検証のページで少しだけ触れましたが、自動車税の納付に関わることをお話ししますね。

自動車税の住所変更!

車を所有している人には毎年1回5月に納税通知書が送られてきますよね。

この通知書は車検証に記載されている住所に送付されます。ですから車検証の住所変更手続きがされていれば自動車税の住所変更も完了しているということですね!

~普通車の場合~

引越し後すぐに車検証の住所変更手続きができない場合は、自動車税の送付先だけでも変更しておきましょう。

その場合は、県税事務所もしくは自動車税事務所に届け出します。あくまでも送付先の変更のみですから、陸運局での手続きは必要です。

各都道府県ごとに多少異なりますが、届出の方法はいくつかあります。

・インターネットによる手続き…各都道府県のホームページから住所変更の届出ができます。
・住所変更届による手続き…ホームページの申請書を印刷して記入の上、郵送。
・納税通知書に同封されている用紙で手続き…各都道府県による。
・電話による手続き…ガイダンスに従い手続きしましょう!

~軽自動車の場合~

普通車同様、車検証の住所変更が完了していればその際に軽自動車税の申告も行っているので別に手続きする必要はありません。

すぐに手続きができない場合は、管轄の軽自動車協会に問い合わせ、自動車税の送付先の変更だけでもしておきましょう!

自動車保険も住所変更手続きを!

〈自賠責保険〉

被保険者本人に保険が掛けられる自賠責保険は、急いで住所変更しなくても大丈夫です。

次回の車検時に新住所で発行してもらってもいいですね。

〈任意保険〉
保険代理店に連絡し、住所変更の手続きをします。

その後、新しい住所の保険証が届きますので大切に保管しましょう!

原付バイクを所有しているなら!

住所変更が必要です。引越し先の市区町村役場(役所)で手続きします。転入届を行う際に一緒に手続きしてしまうと楽ですよ!

〈必要な書類〉

・標識交付申請書…役場(役所)にあります。
・標識交付証明書…前回交付されたものを持参します。
・身分を証明するもの…運転免許証・住民票・健康保険証など。
・ナンバープレート…管轄の役場(役所)が変わる場合は持参し、交換。
・印鑑…認印OK!

基本は引越し前の住所地を管轄する役場(役所)で廃車手続きをして、新住所地を管轄する役場(役所)で登録手続きをします。

住民票の異動が済んでいれば新住所の管轄である役場(役所)で廃車と登録の手続きを同時に行うことができます。念のため、引越し先の役場(役所)に確認してみるといいですね。

また、同一市区町村での引越しは転居届を出していれば自動的に住所変更されますので、手続き不要です。

軽二輪(126cc~250cc)、小型二輪(251cc以上)のバイクを所有している方は、ナンバープレートを管轄する陸運局にて手続きを行いますので、必要書類など事前に確認しておくといいですね!

エリカ

エリカ

投稿者プロフィール

学生時代から1人暮らし歴が長く、合計で13回の引越し経験があります。豊富な経験から必要な情報を分かりやすく纏めています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る