引越し時の各種住所変更 銀行口座・郵便局・保険・クレジットカードなど

もう一頑張り!各種手続きを終えたら快適な1人暮らしの始まりですよ!

役所関係・公共料金、所有している車・バイク・自転車など大変な手続きは完了していますね?後は、時間のある時に手続きをすれば大丈夫なものばかりです!

銀行口座の住所変更

引越し後も同じ銀行を利用するなら住所変更手続きをしておきましょう。支店はそのままで住所変更だけするか?

引越し先の支店に口座を移すか?どちらにしても手続きは一ヶ所でできます。現在口座がある支店でも引越し先の支店でも対応してくれます。

通常は、通帳・届け印・身分証明書で手続きできます。

私は運転免許証の住所変更前に銀行の手続きをしてしまった時、新住所地の住民票で大丈夫でしたよ!

参考までに…。口座のある銀行に問い合わせして必要書類を確認した上で足を運んだ方が間違いありません。

銀行口座を解約する場合は、引越し前に手続きしておいた方がいいです。

引越し先が遠方の場合、面倒になり放置してしまうことになり兼ねませんから…。

引越し先に支店がないなど不便な場合は解約してしまった方が無難かも?

郵便局の口座

郵便預金口座は、全国に対応しているのでどこの郵便局でも手続きできます。

住所変更の手続きは、通帳・届け印・身分証明書を持参の上、最寄りの郵便局の窓口で手続きしましょう!

生命保険・医療保険

引越し後、落ち着いてからでも大丈夫なので手続きはしておきましょう。

契約している保険会社に連絡し、住所変更に必要な書類を郵送してもらいます。記入後、返送して手続き完了です。

クレジットカード

頻繁に利用している人は早めに住所変更しておいた方がいいですね。ご利用明細書なども送付されるでしょうし、重要なお知らせなどもありますからね。

手続きは簡単!インターネットや電話で連絡する方法が一般的です。店頭で手続きできるカード会社の場合、身分証明書とクレジットカードが必要です。

※郵便局の転送届を出しているから大丈夫と安心してはダメです。100%ではないので、必ずカード会社の住所変更手続きをしてください!

勤め先・学校

新住所の届出が必要です。確認しましょう。

携帯電話

携帯電話の住所変更手続きは超簡単!各会社ごとに若干違いますが、変更する方法はいくつかあります。

・ホームページから変更する。

・電話で変更する。

・店舗にて変更する。

ペット(犬)

ペットも一緒に引越すなら犬については登録変更手続きが必要になります。

猫や小動物は手続きの必要がありませんが、国から指定されている特定動物をペットとして飼っている場合は、都道府県に設置されている動物愛護センターや保健所などに相談しましょう。

犬の登録変更については、住所地の市区町村役場(役所)・保健所で引越し後30日以内に手続きします。届出は飼い主が行うことになっています。

〈必要書類〉

・狂犬病予防注射済証 ・印鑑 ・旧住所地で交付された飼い犬の鑑札

必要書類が揃っていれば通常は引越し先での手続きのみで大丈夫です。変更手続きは無料ですが、鑑札を紛失していたりすると再発行手数料がかかります。

市区町村によっては旧住所地で廃犬届を出し、新住所地で登録という流れをとっているところもあるようですので、事前に確認しておきましょう!

その他、通販や定期購読誌など住所変更が必要なものを書き出してみるといいですよ!

郵便物なら転送されてきたものが手続き必要ということですので、住所変更の連絡をしましょう!

エリカ

エリカ

投稿者プロフィール

学生時代から1人暮らし歴が長く、合計で13回の引越し経験があります。豊富な経験から必要な情報を分かりやすく纏めています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る