一人暮らしにおすすめの冷蔵庫の選び方

冷蔵庫は大なり小なりはあるにしても必須電化製品ですね。備え付けの冷蔵庫がある場合は別ですが、用途に合わせて適切な大きさの冷蔵庫を選びましょう!

冷蔵庫の容量は重要!

冷蔵庫を選ぶ際に真っ先に考えるのは大きさ・容量だと思います。もちろん見た目とかインスピレーションで「これがいい!」なんてこともありますね!

1人暮らしで自炊もしない…飲み物を冷やす程度で十分という場合は、130L~150L程度の冷蔵庫で用は足すでしょう。でも、夏場にたくさんの飲み物を冷やそうと思っても全部は入らないかもしれません。2Lのペットボトルなら尚更です。

自炊はしなくても冷凍食品やアイスクリームなどは常備しておきたい!という方は、冷凍室を重視して機種選びをした方がいいですね。もちろん自炊派にとっても冷凍室の広さ・使い勝手は重要です。

ドアの向きに注意!

冷蔵庫のドアは開閉方法が数タイプあります。片側開きで右開き、左開き。左右両開き。ドアの中心から扉が半分になっていて右にも左にも開く観音開きのもの。

ドアの向きは非常に重要です。冷蔵庫の設置場所はコンセントの位置やキッチンの作りによって必然的に置き場所が決まってしまいます。置く場所によってはドアの向きが反対のタイプだと開閉の際に物が取れず困ったことになってしまいます。

私も冷蔵庫の失敗談があります。それまで使っていた冷蔵庫と共に何回目かの引越しをした時のこと。扉の向きなど一切気にしていなかったんです。というよりも、それまで住んだ物件では冷蔵庫置き場と扉の向きが偶然にも合っていたんですね。

いざ冷蔵庫を設置してみると壁側に扉が開くため、物を取るのが超大変でした。手を伸ばしても届かないこともあって、ストレスMAX。そこで仕方なく中途半端な位置に設置し直し使い勝手を重視しました。

延長コードを使用し、こんな所に冷蔵庫?という不自然な場所に設置したので部屋の見栄えは最悪。この経験から冷蔵庫の向きは物件によって選ばなければ…ということを学習した次第です。

勝手に氷機能!

最近の冷蔵庫は給水しておけば氷が作れるようになっているのが一般的になっていますね。これは非常に便利!

でも…お手入れもそれなりに必要なんです。あまりにも放置しておけば汚れてきますしね。使わない時は製氷室はOFFにしておいた方がいいでしょう。古い氷は美味しくないですからね!

省エネ対応冷蔵庫!

これから購入するなら省エネの冷蔵庫を購入するべきでしょう!年間の電気代は結構違ってきます。冷蔵庫に関して言えば大きいから高い、小さいから安いというものでもありません。どちらかと言えば大きい方が省エネ率は高いくらいなんです!

大容量の冷蔵庫がオススメですが、1人暮らし用の物件ではスペースに限りがありますので幅・奥行・高さを測り、ドアの向きを確認し、ちゃんと置ける大きさの冷蔵庫を選びましょう!

今後も引越しを繰り返す可能性が高い転勤族の場合などは、左右どちらからでもドアの開閉ができるタイプがいいですね!冷蔵庫はまさに「大は小を兼ねる!」が原則です。

エリカ

エリカ

投稿者プロフィール

学生時代から1人暮らし歴が長く、合計で13回の引越し経験があります。豊富な経験から必要な情報を分かりやすく纏めています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る