一人暮らしにおすすめの炊飯器の選び方

1人暮らしに炊飯器は必要か?微妙なところですね…。完全外食派であれば必要ないのでしょうが、自炊と比べると相当な食費がかかってしまいます。

お金は全然問題ない・惣菜や買い弁でも飽きないという方を除き、炊飯器はあった方がいいのかなぁと思います!

炊飯器さえあれば!

自炊派はもちろんですが外食派でもたまには家庭的な食事がしたいと思う時もあるんです。

そんな時、炊飯器があればご飯を炊いて納豆ご飯と味噌汁で十分満足しちゃうんですよね!

レトルト食品や湯煎してご飯にかけるだけの惣菜も冷蔵庫に常備しておけば安く美味しく食事を頂けますよ!

1人暮らしの炊飯器!

炊飯器を選ぶ際に何を基準にするか?価格・タイプから容量を選びます。種類がたくさんあるので炊飯器に望むことを明確にしておいた方がいいですね。

一般的には下記の3種類に分けられます。

・IH炊飯器…電磁誘導加熱で内釡を発熱させ、ふっくらと炊き上げることができます。

・マイコン炊飯器…釡の底にあるヒーターの熱で炊き上げるため、炊きムラができてしまいますが、価格はリーズナブル!

・ガス炊飯器…火力が強く、一気に炊き上げるので美味しさは格別です。

釡の種類も重要なチェックポイントです!

何よりも悩んでしまうのが釡の種類です。

とにかく種類がたくさんあるので、それぞれの特徴を見ていきましょう!

・鉄釡…発熱性が高い。

・銅釡…熱伝導率が高い。

・炭釡…熱効率が良く、遠赤外線の効果が高い。

・ダイヤモンド釡…熱効率が高い。

・土鍋釡…蓄熱性が高い。

さらに構造にも種類があります。

・厚釡…熱を逃がさず炊き上げる。

・多層釡…火力、保温性に優れている。

・真空釡…熱効率が非常に高い。

内釡の構造により、炊きあがりにはかなりの差が生じます。

こだわりのある方はよ~く考えて購入を決めてください。特にこだわりがないならマイコン炊飯器で十分かと思います。

容量は?

炊飯器にもサイズがあります。

容量が大きければそれなりに電気代も高くつくのでジャストサイズを選ぶといいですよ!1人暮らしなら3合炊きで十分です。

自炊がメインでご飯もたくさん炊いて冷凍するよというなら、5.5合炊きでもいいですね。今後、家族が増えた時でも使用できるサイズです。ちなみに5.5合炊きは3~5人家族向けです。

機能をチェック!

いろんな機能が付いているのは圧倒的にIH炊飯器です!

炊き分けメニューも豊富で、おかゆ・すしめし・おこわまで作れちゃうんです!うれしい機能満載ですね。さらには、調理モードで本格的な料理も作れる本当にお利口な炊飯器です。

マイコン炊飯器なら5,000円以下で購入できるのに対し、IH炊飯器は安くても20,000~30,000円はします。

私の場合、1人暮らしを始めて数年は外食派だったので炊飯器の必要性は一切感じませんでした。

自炊しようと決めて真っ先に購入したのが炊飯器でしたから、ライフスタイルによって揃えればいい家電だと思います。

エリカ

エリカ

投稿者プロフィール

学生時代から1人暮らし歴が長く、合計で13回の引越し経験があります。豊富な経験から必要な情報を分かりやすく纏めています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る