格安物件の理由は?事故物件にはご注意を!

格安物件の情報を目にした際に思うことって何でしょう?

「超ラッキー!」と手放しで喜ぶ方は少ないでょう。

「何でこんなに安いの?何か出るんじゃ…。」みたいなことを想像してしまうのではないでしょうか?

いわゆる「事故物件」と、それ以外の格安物件の見分け方を見ていきましょう!

格安物件は理由によって!

「この間取り、この条件でこの家賃?」と不思議に思う物件に出会ったら担当者に聞いてみましょう。

事故物件であれば、借りたいと思ってる人に対して説明しなければいけないことになっています。

事故物件って何?

まずは、事故物件について説明しますね!

いわゆる「曰くつき物件」ですが、建物内で人の死亡に関わる事件・事故などがあった物件のことです。

自殺・他殺・不審死・事故死・焼死などがあったり、病死・老衰が原因で亡くなった場合でも長期間放置され腐乱した状態で発見された場合は、事故物件です。

他にも床上・床下浸水があった建物、震災による損傷を受けている建物、シロアリ被害のある建物、地盤に問題がある建物なども「事故物件」として扱われる場合があります。

事故物件の見分け方!

家賃や条件などから事故物件を疑うことはできますが、事実は聞くことでしか分かりません。

ネットや賃貸雑誌の情報に「事故物件」と記載されることはありません。せいぜい「告知事項あり」と分かりにくく記載されている程度でしょう。

借りたい意思のある人に対して説明しなければいけないこととなっていますが、過去の事故に対してまでは告知義務がないということになっています。

万が一、入居後に前入居者絡みの事故物件だと発覚した場合、契約時に説明がなかったのなら責任の追及は容易にできます。

不動産会社に対して契約解除の申し出及び転居費用の請求などができます。

事前に確認し、このような事態にならないようにすることです。

「事故物件」以外の格安理由!

  1. 隣近所にあまり好ましくない人達が住んでいる。(宗教系、怖い人系)
  2. すぐ近く、もしくは目に入る場所にお墓がある。
  3. ボロすぎる。
  4. 窓がない物件。(地下にある物件など)
  5. 大家さんの考えで、空き家になっているよりは安くても人を入れたいなどの理由。
  6. 期限付きの物件。(持ち主が転勤中のみなど)

他にも様々な理由により、格安となっている物件があります。

格安の理由が自分にとっては何も気にならない内容であれば格安=掘り出し物ということになりますね。

例えば短大に通うため2年間のみ1人暮らしの人が、2年間の転勤中のみ貸したい人の物件と出会えたらお互いに最高の条件で契約できますよね。

格安物件=悪い物件とは限らないということが分かりますね!

物件はある意味「縁」のようなものです。

事故物件でも気にしない人にとっては、安くて良い部屋に住めて最高!と思うでしょう。

私も以前、事故物件を紹介されたことがありますが…とても住む気にはなれませんでした。

希望の駅から徒歩1分のマンションで、相場の3分の1以下の家賃だったので私にも手が届く金額でした。でも、無理…。

部屋で起きたことではなく、マンションの屋上から飛び降りて亡くなったと。

この場所に落ちたそうなので部屋の玄関の目の前なんですけど…。と説明され悩むことなくお断りしました。

物件に案内されてから聞いた説明だったので腑に落ちない面もありました。最初に言ってくれれば足を運ぶことさえなかったんですけどね。

到底手の届かない駅近マンション物件を見てしまったので、複雑な気持ちになったのを覚えています。

入居後にトラブルとならないよう、気になったことは細かく説明を求めましょう!

エリカ

エリカ

投稿者プロフィール

学生時代から1人暮らし歴が長く、合計で13回の引越し経験があります。豊富な経験から必要な情報を分かりやすく纏めています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る