一人暮らしであってよかった!なくて困ったモノって?

1人暮らしを始めて一通りのモノは揃ったと思います。しばらく生活をしていくうちに常備しておけばよかったと思うモノが出てきます。

いわゆる消耗品ですね!

住んでいる地域にもよりますが今は24時間営業のお店が普通にありますから、急にモノが必要になってもあまり困らない便利な時代ですね!

電球は買い置きを!

照明類はいつ切れるか分からないですよね。日中の明るい時間帯は電気を点けることはないでしょうから、暗くなった夕方~夜にかけて電気のスイッチを入れたと同時に切れてしまうパターンが多いでしょう。

暗闇の中で電球の交換をするのは非常にやりずらいです。お風呂場なら入浴後に球切れした場合、翌日の明るい時間帯に交換すればいいでしょう!これから入浴という場合は、暗闇の中で交換するしかありません。

懐中電灯は常備しておくべきですね。震災などの面からも必ず用意しておくことをオススメします。そして脚立もあった方がいいです。電球の交換時や照明器具の掃除などで高い所に上らなくてはいけない場面もありますからね!

脚立はちょっと…という場合は、代用となるイスでも大丈夫です。とにかく安全に高いところに上れるような形のモノを選んでください。

電池も常備しておきましょう!

目覚まし時計・各種リモコン・懐中電灯などなど。使用している電池の種類を確認した上で購入してください。

単四電池・単三電池・単二電池・単一電池・ボタン電池など。

使用頻度の高いモノは少し多めにあっても問題ありませんが、あまり使わないモノは最小限度で揃えましょう。電池も使用期限が記載されていますので、古い電池は寿命も短くなってしまいます。

ゴミ袋は少し多めに常備!

ゴミ出しの日は決まっていますよね?アパートやマンションなら専用のゴミ捨て場があるかもしれないですね。

ゴミ袋は各市町村で指定の袋がある場合が多いでしょうか。そうなると指定外の袋では捨てられません。常に出るゴミですから、ゴミ袋がなくて捨てられなかったなんてことにならないように少し多めに買い置きしておきましょう!

ちょっとした修理にペンチやドライバーは必需品!

普段はあまり使うことがありませんが、いざという時にないと困ってしまうのが修理道具!私が経験したのはトイレの故障時にタンクの水を止めるためにペンチが必要だったこと。修理道具一式として修理箱に入っていたので、すぐに水を止めることができました!

鍋の取っ手のネジが外れてしまった時は、ドライバーですぐに対応できました。いざという時に道具が揃っているというのは心強いですよ!

修理箱の中身は…。

・ドライバー(プラス・マイナス):大小各種サイズが揃っていると便利です。

・ペンチ:モノを挟んで利用する他にも、針金をカットしたり曲げたりすることもできます。

・金づち

・ノコギリ

・メジャー

・ハサミ

・カッター

・ガムテープ

・ビニールテープ

・軍手

救急箱も準備しておきましょう!

薬には期限があるので必要最低限のモノだけ揃えておくといいですよ!風邪薬や胃腸薬はあると助かりますが病院へ行った方がいい場合も多いので、私は常備していません。救急箱の中身は外傷に対する薬が入っています。

消毒薬・湿疹などの軟膏(病院で処方されたもの)・絆創膏・湿布・虫刺されの薬・包帯・体温計・熱さましのシート・痛み止め(病院で処方されたもの)などです。

これだけ揃っていれば十分です!症状によっては速やかな受診をした方が治りも早いし、金銭的にも安く上がる場合があります。

実家には多分揃っているモノばかりです。あるのが当り前すぎて気付かないモノって結構あるんですよね。

実家に帰るのが決まっている期間限定の1人暮らしでは、モノがダブってしまうかもしれませんが快適な1人暮らしのために必要経費と思ってくださいね!

エリカ

エリカ

投稿者プロフィール

学生時代から1人暮らし歴が長く、合計で13回の引越し経験があります。豊富な経験から必要な情報を分かりやすく纏めています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る