ロフト付の部屋 寝室・書斎・趣味・収納スペースなどに活用

少し得した気分になれるロフト付の部屋!

この空間をどう利用するかによってロフトのメリット・デメリットが決まります。

使う人次第で魅力的な場所になること間違いなし!

色々なアイデアを駆使して快適なロフトライフを手に入れましょう!

ロフト付の部屋

住む人の使い方によって長所にも短所にもなり得るロフトの存在。

屋根裏部屋的なこのスペース…どんな使い方があるのか見ていきましょう!

寝室として利用

窓付きのロフトなら寝室スペースとして利用するのもいいですね。

二段ベットの上の段的な感覚で!

しかし、ロフト付の物件は比較的天井が高く作られていることが多く、冷暖房が効きにくいという点があります。

特に夏場は寝てられないくらい暑いかも?

1階のロフト付物件の場合、ロフト部分では上階の足音などが頭の真上で聞こえてくる程の位置にいるので、気になる人は寝室として使用するのはやめた方がよさそうです。

書斎・趣味の部屋として利用

天井までの高さにもよりますが、座って圧迫感がない程度の空間であれば書斎や趣味の部屋として利用するのもいいですよ!

コンセントがあることを確認し、パソコン部屋とかに使えたら最高ですね。

ロフト部分は部屋から見えにくいので、少しくらい散らかっていても全然大丈夫です!

急な来客時も慌てる必要なしっていいですね。

収納スペースとして利用

一番利用に適しているのは収納かもしれないですね。

普通のワンルーム的な住み方をしてロフト部分に収納するというテクニック!梯子の昇り降りも結構大変なので、利用頻度を下げる使い方は賢いかも!

梯子の設置も急な角度のものから、なだらかなものまで様々です。

大きい物や重たい物をロフトに上げるのは容易じゃありません。

無理をしてケガなどしないように収納する物を見極めてロフト収納をしましょう!

いかがですか?他にもこんな使い方ってどうだろう?とイメージが湧いてきましたか?

私も過去に1度だけロフト付物件に住んだことがあります。ロフトが付いているのがうれしくて大はしゃぎした記憶があります。

用途は寝室と決めていたので、すぐに布団をロフトへ…

え?中々上がらない?

梯子が急だったので布団を持って昇るのが至難の業でした。

思いもよらない現実に色々考えてみました。

このままでは布団の上げ下ろしが苦痛に感じること間違いなし。

どうしよう…?梯子もほぼ直角で調整不可。毎日昇り降りするのはキツイかも。

で、結局寝室としての利用は諦めて荷物置き場として利用してました。

でも、この判断で良かったと思えることに後日気付きました。

いつもソファーベットに布団をのせて寝ていたのですが、よ~く寝ぼけて床に落ちていたんですよね。

ロフトから落ちたらケガする…よね?と思ったら命拾いした気分に!

私の経験から寝相の悪い人はロフトで寝ない方がいいと思います!

命あっての1人暮らしですからね!

どんな使い方をするにしても掃除はしなくてはいけませんね。

大きな掃除機を持って昇るのは大変なので、小型の掃除機を置いておきロフトに行ったついでに掃除するのもいいですよ。

もしくはクイックルワイパーのような使い捨てでホコリ位はとれますから活用しましょう!

自分次第で快適な空間!ロフトを上手に使いこなしてくださいね!

エリカ

エリカ

投稿者プロフィール

学生時代から1人暮らし歴が長く、合計で13回の引越し経験があります。豊富な経験から必要な情報を分かりやすく纏めています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る