引越しする際に通院中の病気がある場合は紹介状を貰う

持病をお持ちで通院中の病気がある人は、1人暮らしに伴い違う病院に通わなければならなくなる場合もありますね。

新住居から通える範囲なら無理に病院を変えない方がいいかもしれません。

遠くに引越すなら紹介状をもらいましょう!

現在治療中の病気があって、今後も治療が必要な場合は引越し先での通院が必要ですね。

風邪などの一時的な病気は除き、慢性疾患で定期的に薬をもらいに行っている場合や定期的な検査を継続して行っている場合などです。

通院中の医療機関に引越すことを伝え、診療情報提供書(紹介状)を用意してもらいましょう!

引越し先で通おうと思っている医療機関が決まっているなら、その病院名を伝えてください。

通院する医療機関は決まっていないけど引越し先で見つけるという場合は、その旨を伝え宛名なしの紹介状を用意してもらいます。

どこに行ったらいいのか分からない時は、通院中の医療機関で相談してもいいですね!場合によっては病院を紹介してくれることもあります。

紹介状って高いんじゃない?

紹介状の金額は保険で決まっています。正確には金額ではなく、保険点数が決まっていて加入している健康保険の負担割合に応じて点数×1割~3割という計算がされます。

※現在は高齢者など含め1割~3割負担が一般的です。

現在のところ一般的な紹介状の点数は「診療情報提供料:250点」ですので、3割負担の人なら750円が紹介状の金額になります。

あくまでも紹介状のみの金額ですから、当日に診察を受けて検査をしたり、薬が処方されればそれらの点数も計算されます。

診断書のように自費で支払うものではないので何千円もかかることはありません!

紹介状がないと…。

病院によっては(200床以上の病院)紹介状がない場合、初診料の他にお金がかかります。

初診時の「選定療養費」は、現在病院で金額を決められるので安いところでは2,000円弱~高いところで8,000円強に設定されているようです。

紹介状さえ持参すれば支払う必要のないお金です。

紹介状の必要性!

紹介状は単なる手紙とは異なり、現在までの治療・検査・投薬などを引き継ぐための大切な情報です。

紹介するに至った経緯や既往歴を記載し、患者さん(あなた)について把握している情報を提供するものです。

この紹介状があるのとないのとでは新しく通院する病院での治療内容にも影響してきます。

例えばAという薬を半年間内服した結果、大した効果が得られず現在はB薬に変わっているとしますね。

この情報があることによって新しく通院する先の医師の判断も変わってきます。A薬は効果なしとし、別の薬剤を考えることができます。この情報がなかったらA薬の使用も検討されますよね。時間の無駄ですし、治療の足踏み状態が続いてしまう結果に…。

今までの治療を価値あるものにするためにも紹介状は必要なモノです。診療科によっては今までの経過を知ることが必須の場合もあります。親御さんともよく相談し、病院を変えるか否かの判断を誤らないようにしましょう!

エリカ

エリカ

投稿者プロフィール

学生時代から1人暮らし歴が長く、合計で13回の引越し経験があります。豊富な経験から必要な情報を分かりやすく纏めています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る