ペット可物件に住む際の注意点とトラブル事例

ペットを飼う際に物件の条件として「ペット可」の物件を借りたにも関わらずに発生してしまうペットトラブル。

これを回避するには物件選びの際の情報収集に限ります!

いつからペット可?

最近では入居者を確保したいがために、一般の賃貸物件だったものをペット可物件に変更して入居者を募集しているものもあるようです。

最初からペット可であれば入居者全員が理解していますし、ペットが嫌な人は借りないでしょう。

しかし途中から可にされた場合、以前から住んでいる住人にとっては明暗が分かれます。

ペットを飼いたいと思ってたなら喜ぶべきことでしょうが、嫌いな人からしてみれば地獄かもしれません。

もちろん大家さんからは知らせを受け、納得せざるを得ない状況でしょうが気分はブルーでしょうね。

そんな物件とは知らず、ペット可なのだからと安易に考えて住んでしまった場合、トラブルになりやすい可能性があります。

元々ペットを飼うための配慮がされていない構造ですから騒音に対しては対策なし!自分で工夫するしかないでしょう。

床に防音マットを敷いたり、換気以外は窓は閉めて生活するなど気を使う必要がありますね。ご近所への挨拶は必ずしておいた方がいいと思います!

どんなペットかを伝え、極力迷惑にならないように気を付けて生活する心構えを話しておくだけでも違いますよ!

騒音には注意しよう!

ペット可で全室にペットが居る物件であってもマナーは必要です。ペット可だから犬が吠えても問題なし、共同エリアで放しても大丈夫ということではありませんよ!最低限のルールとマナーを守ってこその「お互い様」です。

物件によっては様々なペットが可となっているかもしれません。犬だけではなく、猫やウサギ、鳥なんかもいるかもしれません。物件を決める前に確認しておいた方がいいですよ!犬の声は気にならないけど猫の鳴き声は耳障りなど、自分中心な考えで不満を持つ人も出てくるでしょうからね。

犬のみOK物件!友人のトラブル

私の知人は大の犬好き!小型犬を2匹、もちろんペット可物件で飼っていたんです。それも犬のみ可という友人にとっては最高の条件でした。

新築で犬を飼うための防音性や設備の配慮がされた快適な間取りで気に入っていたようでした。家賃は高かったみたいですが。

そして他の入居者も犬好きの人達ばかりで楽しく住んでいたのですが…。私が遊びに行った時、犬の散歩に行くことになり部屋から出た時のことでした。同じ階に住む住人も犬を連れて出てきました。

その住人は物凄い剣幕で「ちょっとドア閉めて待っててくださいっ」と友人に強い口調で言い放ち、急いで私の前を通って行ったんです。

ビックリした私は友人に「あれ、何?」と聞いたところ…。「最近越して来た人なんだけどウチの犬との相性が悪くて散歩の時間もずらしてるんだ。」って。

どうやら友人の犬がその犬にケガをさせてから向こうがあんな態度になったということらしいです。

その犬は他の犬とは仲良くできているらしく、友人の犬も他の犬とは仲良かったものの最近は仲間外れみたいになっているとか…。

友人の犬は早朝に吠える癖があるらしく、今まで苦情なんて言われたことはなかったのに管理会社から注意されたり、とても住みにくい状況に追いやられているようでした。

引越すにもお金がかかるから我慢すると言いながら涙ぐんでいたんですよね…。

ペット可物件も一般物件同様に住人による気持ちの変化からトラブルに至るようですね。

友人はその後結婚して、ワンちゃん達と一軒家でのびのび暮らし元気を取り戻しましたが、ペット可物件は女子高みたいだったと表現していました。楽しい時はいいけど険悪になったら居場所がないと。

もしトラブルになってもペット可物件は中々数が少ないため、すぐに引越しができないのが現状です。ペットを飼う際は色々な覚悟を決めて、強い信念と責任を持って決めてくださいね!

エリカ

エリカ

投稿者プロフィール

学生時代から1人暮らし歴が長く、合計で13回の引越し経験があります。豊富な経験から必要な情報を分かりやすく纏めています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る