オートロックは完璧じゃない!一人暮らしは窓の鍵が重要

オートロックや2階以上に住んでいる人の防犯意識は少し低くなってしまうようです。

特に地方出身者は良い意味でも悪い意味でも防犯意識に欠ける面があるようです。これは、穏やかな環境で育ち犯罪とは無縁(?)の中で暮らしていたからでしょうか。

実家で何世代もの大家族で住んでいたから玄関のカギなんて閉めたことない!誰かしら居るし、近所の人が来た時にカギがかかってたら入れないでしょ?と普通に言えるのが地方出身者なんですね!

でも、残念ながら今や都会も田舎もキケンさは変わりません。カギがかかっていない家は泥棒にも「どうぞ入ってください」と言っているようなもので、大変キケンです。モノだけ取られるならまだしも、命まで取られてしまったら家族は悔やみきれませんよ…。

オートロックでも完璧じゃない!

オートロックを過信し過ぎるとキケンです。絶対に部外者が入り込まないという保障はないです。もしかしたら内部の犯行だってあるかもしれません。オートロックでも玄関ドアや窓の施錠は厳重に行いましょう!

監視カメラは後の事!

監視カメラが付いているから安心!それはちょっと違いますね。確かにないよりはあった方が断然いいですよ!

カメラがあることで抑止力にはなりますから。

でも、監視カメラが活躍するのは事が起きてからです。被害に遭って犯人を捜す際に大活躍してくれるでしょう!

窓からの侵入を防ぐ!

意外と気づきませんが、空き巣や泥棒は窓を狙ってきます

カギがかかっていない窓は泥棒を手招きしているのと同じです。

暑いからと窓を開けっ放しで寝ているのは呼び込み以外の何ものでもありません。既存のカギ以外にも補助的なカギを付けるのはオススメです。

日常の生活には多少不便さを感じるかもしれませんが、窓枠のレール上に取り付ける補助錠は手軽でいいかも!

万が一、窓を開けられても人が入れない程の開き具合にしておくことで侵入防止に役立ちます!賃貸物件は勝手にいじれないので、どこも傷つけることなく工具も一切不要のこのタイプが無難です。

さらに窓ガラスの対策も同時に行っておくことで、より一層の防犯になります。窓に貼るタイプのガラス強化シートなどがいいでしょう!

侵入防止アラームという手もありますね!窓の開閉と振動を検知し、大音量で撃退してくれます。外出時などに誤作動で大音量が鳴ってしまっていたら…と考えた結果、私はやめました。

補助錠もシートもアラームもホームセンターなどで売っています!防犯対策コーナーを設けて種類も豊富に取り揃えているお店が多いので、値段と使い勝手から自分に合ったモノを選ぶといいですよ!

どれも100%ではないからこそ、色々な組み合わせで防犯の安心度を上げていく訳です。その中でも1番重要なのが自分自身の防犯意識です!全てはこの意識からですよ!

防犯はお金がかかるし…。なんて言っている人はかなり防犯意識が低い人です。お金をかけずに防犯対策をしている人もたくさんいますよ!自分を守るために身の回りのモノを利用して工夫されています。

例えば、帰宅後は玄関前に空き缶が入ったゴミ袋を置いておく。普通はそのまま捨てる空き缶をキレイに洗って防犯用に1袋捨てずにとっておくなど。侵入者があった時、もの凄い音を出してくれるはず!

侵入されないことが1番ですが、万が一に備え常に防犯を意識した生活を心掛けましょう!

エリカ

エリカ

投稿者プロフィール

学生時代から1人暮らし歴が長く、合計で13回の引越し経験があります。豊富な経験から必要な情報を分かりやすく纏めています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る