意外と重要!収納スペースをチェックしよう!

賃貸物件で必ずチェックしてほしいのが収納スペースです。

この収納スペース、あるのとないのとでは全然違います!さらに収納する場所も意外と重要なんです。

収納場所の前には物は置けませんから適度に壁も欲しいところです。

意外と重要!収納スペースをチェックしよう!!

一般的に和室には押入れ、洋室にはクローゼットの収納が付いていますね。

そして、玄関に下駄箱が付いていればうれしいですよね!単身者向けのアパートなどでは、下駄箱が付いていない部屋もたくさんありますから。

しかし、賃貸物件の中には期待できない収納スペースもあるという点!

押入れは布団を収納するスペースであるのに布団が入らない程の狭さだったり…。

クローゼットもデットスペースを使ったいびつな形の収納だったりということがあります。

重要なのは、収納のタイプ・収納の扉(開閉の仕方)・収納数・収納に使用できそうなスペースのチェックです!

さらに、収納ばかりあると壁の面がなく、家具等一切置けないという事態になってしまいます。

 

窓の位置、収納の位置を考慮して持参する家具類の配置も決めます。

横にスライドして開閉させるタイプのクローゼットであれば最悪の場合、片側をつぶして物を置くことも可能ですが、手前開きのクローゼットでは開閉部分の場所の確保が必須ですから間違っても前に物は置けませんね。

収納として設けられてなくても部屋の造り次第では、収納スペースとして最適な場所が確保できる場合もあります。

少し凹凸のあるデットスペースに突っ張り棒を設置すればクローゼットに早変わり!

アイデア次第で快適な空間となる場合もあるので、部屋の隅々までチェックの目を光らせましょう!

便利な突っ張り棒ですが壁の強度によって設置不可の場合もあるので確認しておくといいでしょう。

収納の考え方!

収納するということは=片付けるということですよね?

部屋に入り、目に付いていい物は家具類やテレビなど収納しないのが当たり前の物だけです。

それ以外の物は基本的には収納すべき場所が必要ということですね!

ベットなら出ていて当然ですが、布団なら収納するべきという考え方です。

なので、生活スタイルによって収納方法も変わってきます。

1番いいのは極力荷物は最低限にすること

1人暮らしを始めてすぐの頃には収納する物も少ないと思いますが、年月を経て徐々に荷物は増えていくことも視野に入れて、収納スペースの利用方法を思い描いておくといいですよ!

1番いいのは極力荷物は最低限に!です。1人暮らしを終えて次の生活に移る時にも荷物が少ないと非常に楽ですからね!

収納スペースの重要性はご理解頂けたかと思いますが、収納ばかりに気を取られてはいけません。

大切なチェック項目の1つに過ぎないので完璧を求めず、妥協と工夫が大事と心得て頂くことが大切ですね。

下駄箱はないけどそれ以外は気に入った!なんていう時に妥協と工夫で下駄箱がないマイナス面を補う考え方ができると1人暮らしも充実したものになりますね!

マイナスをプラスに変える力は物件探しだけでなく、人生にも「幸」を運んでくれることでしょう!

エリカ

エリカ

投稿者プロフィール

学生時代から1人暮らし歴が長く、合計で13回の引越し経験があります。豊富な経験から必要な情報を分かりやすく纏めています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る