日当たり・風通しの良さは重要!実際に物件を見て判断しましょう

日当たりは大事なのに意外と気にせず借りてしまって、住んでから気にし始める人が意外と多いようです。

日当たりの悪い部屋では、日中でも電気をつけていなければ本も読めないほど…。

日当たりについて少し考えてみましょう!

日当たりは重要?

日当たりの良い部屋が必ずしも良い訳ではありません。

日が当たり過ぎてフローリングや畳など床が傷むこともありますからね。

どちらかというと日が差す方角が重要なのかもしれません。

方角による特徴を見てみましょう!

南向き

1番人気の南向きです!日当たりは安定していて部屋が明るく保たれます。

湿気も少なくオールシーズンを通して過ごしやすいです。

東向き

次に人気の東向き!朝日が差し込み目覚めの良い朝を迎えられる方角です。

日当たりに関しては午前中だけです。午後の明るさは期待できません。

西向き

西日を嫌う人もいますがプラス面もあります!

洗濯物など朝干せば午後には乾いちゃいますから!

夏は暑く、冬は暖かいです。

北向き

住居としては人気のない北向きの部屋ですが、夏は涼しく過ごしやすいです。

この方角の特徴も周囲の建物によって良さを発揮できないケースがたくさんあります。

折角の南向きでも目の前に大きな建物があれば日当たりは期待できません。他の方角も同様です。

日当たりの良さは実際に見ないと分からない

間取り図だけで方角を確認し、南向きだから日当たり良好と思ってしまうのは大きなミスにつながります。

必ず物件を見て周囲の状況もチェックしないとダメですよ!

田舎の物件で周囲に何もないような建物なら方角の影響はダイレクトに受けるでしょう。

しかし、建物がひしめき合っているような場所では方角も何もありません。

生活スタイルによっても日当たりの捉え方は違ってくるでしょう。

夜勤がメインで日中は睡眠をとるための部屋であれば日当たりを重視する必要はありませんし、むしろ日中に静かな環境で過ごせることを条件にするべきですよね!

寝られないことの方が体調に悪影響を及ぼしますから…。

風通しの良さは重要

日当たり以上に大切なのは風通しの良さです。

いくら日が当たっても風を通さない部屋はカビの原因にもなります。

湿気の多い部屋は本当に最悪です!

私もカビでは頭を悩ませ、カビが原因で引越しをしたこともあります。

東南の角部屋で日当たりも良かったのですが、カビはあらゆるところに生えてきました。

カビは湿度との関係が深いので、日当たりが良くても湿気が多ければ何処にでも生えてくるんです。

内見の際は、とても好印象の部屋でした。

木造の1階で太陽がサンサンと部屋を照らしてくれていてカビなど無縁と思えた気持ち良さ!

住んでしばらく経ってから友達が泊りにくることになり、布団を干しておこうと押入れから出した布団がカビだらけ…。

表面は何ともなかったので普段の押入れ開閉時には気付かなかったんです。

押入れのカビ対策もちゃんとしてたんですよ。

それがきっかけで気になり、あっちこっちチェックしたらカビの宝庫でした。

今まで住んでいた複数の物件では体験したことのなかった異常事態でした。

とりあえず物件を管理している不動産屋に相談したところ、「ここらは昔田んぼだったから…湿気が多いん
だよね…。風通しをよくするといいですよ!」って言われました。

現実問題、日中仕事でいないのに窓を開けっ放しで出掛けられる訳もなく、仕方なくエアコンのドライをかけて外出してました。

もちろん電気代は↑。家にいる時は常に窓を開けて換気してました。

この後、物件探しをしたことは言うまでもありません。

日当たりは重要ですが、風通しの良さも重要です。

程良く明るく適度に風が通る物件がいいですね!

田んぼを埋め立てて建てた物件はやめた方が無難です。

エリカ

エリカ

投稿者プロフィール

学生時代から1人暮らし歴が長く、合計で13回の引越し経験があります。豊富な経験から必要な情報を分かりやすく纏めています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る