都市ガスとプロパンガスはどちらが得?

物件探しの見えない経費…ガス代です。

都市ガスとプロパンガスでは月々の支払い額にかなりの差が生じます。

結論から言ってしまうと選べるのであれば間違いなく都市ガスをオススメします!

都市ガスとプロパンガス!

都市ガスとプロパンガスですが、使い勝手の良し悪しは変わりません。

違いは料金であり、プロパンガスはとにかく高いです。

プロパンガス会社によって値段の設定は自由なので、あっちよりこっちの方が安いなど契約を変更することも可能ですが、それは戸建ての持家の場合くらいでしょう。

賃貸の場合はプロパンガス会社も決まっていて、部屋を借りる人は必然的にそのプロパン会社と契約することになるのが一般的です。

契約し、ガス開栓の際には保証金として1万円程度必要になります。

退去時に戻ってくるお金ですので心配なしです!

都市ガスとプロパンガスの料金の差は、およそ倍以上違います。

使用量や季節にもよりますが、下手すると3倍以上もあり得ます。

私が都内で1人暮らしをしていた際に支払っていたガス代は春・夏頃で3,000円程度。引越してプロパンガスになり6,000円以上になってしまいました。

生活習慣は変わらず同じように生活していたのにですよ。

冬場はさらに金額の差が開きました。

ガスコンロも都市ガスで使用していた13Aの器具は使えず、プロパンガス用のガスコンロに買い替えて出費…。

注)ガスコンロは都市ガスの場合、地域によって使用する器具も変わりますので要確認です!

ガス代だけを考えるなら都市ガスが断然オススメですが、地域によって都市ガスが供給されていない所であればどうすることもできないですよね。

ましてや賃貸であればなおさらです。

考え方を変えればプロパンしかない地域は田舎の方の物件が多いと思うのですが、そうなると家賃なども安いですよね?

トータルすれば毎月の支払いは変わらないか、もしくは安くなることもあるのではないでしょうか!

1番悩んでしまうのは、都市ガスもプロパンガスもどちらもある地域ですね。

そのような地域はプロパンガスの物件の家賃を安く設定している場合もあります。

ガスはあまり使わないという人はプロパンでも損した気分にはならないかもしれないですね。

都市ガスは諦めも肝心

都市ガスを知っている人にとっては納得いかないことも多いでしょうが、あきらめも肝心です。

選べるものなら都市ガスなのに選べない状況だからプロパンな訳ですから、気持ちを切り替えていきましょう!

完全都市ガス派の私ですが、現在はプロパンガスしかない地域に住んでいます。

そして事あるごとに金額の交渉をしています。(笑)言うと少しは下がるんですよ!

プロパンガスの長所:地震に強い!

ここまで、プロパンガスを親の仇のように扱ってしまいましたが長所も1つ紹介します。

プロパンガスは地震に強い!ということです。

二次災害を起こさない工夫がされていて都市ガスと比べると地震災害後の復旧も圧倒的に早いです。

記憶に新しいところでは、東日本大震災の際、都市ガスは復旧までに2~3ヶ月を要したのに対し、プロパンガスは1~2週間で復旧したそうです。

どう捉えるかは人それぞれですが、プロパンガスは都市ガスよりかなり高い金額であること、プロパンは地震に強いことを知ってもらえれば良いかと思います!

エリカ

エリカ

投稿者プロフィール

学生時代から1人暮らし歴が長く、合計で13回の引越し経験があります。豊富な経験から必要な情報を分かりやすく纏めています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る