ペット可物件の特徴と住む際の注意点

初めての1人暮らしの寂しさと不安を埋めるかのように、ペットを飼いたいと思う人が増えているようです。

そんなペット愛好家のために「ペット可」物件も随分増えました!

ペットと一緒に住むことを考えているなら最初から「ペット可」の部屋を借りましょう。

ペットと一緒に住みたい!

実家から一緒に暮らしてきた大切な家族とも呼べるペットと住む物件探しなら、ペットの種類も限定できますね。

犬・猫・鳥…様々でしょう。

ペット可の物件には、種類限定で可となっているものもあります。「小型犬のみ可」「猫のみ可」などです。

一緒に引越すペットの種類を考慮し、物件探しをしてみましょう!

現在は何も飼っていないけど1人暮らしを機にペットを飼いたいという人は、どんなペットを飼いたいのかというところから考えましょう。

もしくは、ペット可物件を先に探し、飼っても可能なペットから選択する方法もありますね。

どちらにしても最初からペット可の物件を探すことになります。

言うまでもありませんが、ペット可以外の物件は基本ペットはダメと言うことです。

隠れて飼っている人もいますが、悪いことですし、トラブルの原因となり住んでいられなくなることもあります。

ペット可物件を探そう!

一般の賃貸物件を探す時と同様、インターネットで簡単に検索できます!

家賃が若干高くなることは覚悟しておきましょう。

比較的多いパターンでは、家賃も高めの設定ですが、敷金を多く預ける契約が多いようですね。

ペットがいることで部屋の傷み方も激しいでしょうから納得できます。

ペット可物件は以前と比べればかなり増えてはいますが、一般の賃貸物件と比べたら数はまだまだ少ないです。

思い通りの物件と出会える可能性は低いですね。ペットと過ごすことを第一に考えたら相当妥協しないと難しいですよ!

それから、同じ種類のペットがいる物件の方が近所付き合いは上手くいくようです。

趣味が一緒だと気が合うのと同じですね!

ペットのしつけ

ペット可の物件だから朝早くから犬が吠えたって大目に見てもらえるだろう、なんて考えではご近所トラブル勃発です。

最低限のマナーを守ってこそ、周囲が認めて大目に見てもらえるものです。

一生懸命しつけしてるのに何でかしら?こうしたら?ああしたら?とアドバイスし合い、交流ができて快適なペットライフが楽しめるものですよ!

共有スペース、エレベーターなどの使用時も細心の注意を払いましょう!

噛んだり、吠えたりでトラブルにならないように!

ペットがいるということ!

よーく考えて頂きたいのは、ペットがいることで制限されることも出てきます。

飲み会の帰り、友達の家に泊まることができなくなりますよ。ペットが待ってますから。

旅行?一緒に連れて行きますか?具合が悪くて動けない…ペットがお腹空かせています。

実家などで自分以外にお世話してくれる人がいる時には気付かないことですが、1人暮らしでは全て自分が対応するしかありません。

面倒に思うこともきっとあるでしょう…。

それでも投げ出すことは許されません。その覚悟は大丈夫ですね?

いろんなことを想定して、いざという時のために段取りしておくといいですよ!

旅行の時など、ペットを預かってくれる人はいるか?ペットホテルのリサーチ!動物病院の場所。

急に帰れなくなった時にエサをあげてくれる人はいるか?などですね!

疲れて帰ったら玄関にかわいいペットが待っている…そんな光景が目に浮かんできますね!

エリカ

エリカ

投稿者プロフィール

学生時代から1人暮らし歴が長く、合計で13回の引越し経験があります。豊富な経験から必要な情報を分かりやすく纏めています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る