賃貸物件の下見ではここをチェック!(建物周辺編)

内見の際は建物内のチェックと同時に建物の周辺及び周辺環境もチェックしましょう!

間取り図には載っていない重要な情報も確認できる機会ですので、しっかりチェックしていきましょうね!

いよいよ下見!ここをチェック!!(建物周辺編)

建物編に引き続き周辺の状況をチェックしていきます。

住むために重要なチェック項目が多々含まれていますので、見逃さないように!

建物の周辺

建物に関しての周辺設備などを確認していきましょう。

□建物全体の外観=泥棒に入られやすそうな造りになっていないか?死角の有無。

□ゴミ置き場=住人専用か?収集日の確認。乱雑になっていないか?

□自転車置き場=有無。有る場合、整理されているか?各自置く場所の指定はあるか?屋根付きか?

□駐車場=有無。有る場合、各自決まったスペースがあるのか?(必要な人のみ)

□ポスト=集合ポストがある場合、鍵の有無。全住民の郵便物が入っていないかチェックしよう。入っていたら転送手続きが行われていない可能性あり!確認してもらおう。

□宅配ボックス=有無。

□エレベーター=有無。有る場合、広さを確認。(上階の引越しの際、利用するため。)

□共用スペース=乱れていないか?建物の品位が分かります。

□管理人=有無。常駐・通いか確認。

□建物敷地内の様子=部外者が入りやすい環境か?

こんな感じですね。

室内と同様に生活に直接関係のあることばかりですので、物件を決める際に結構重要な判断材料になります。

例えばゴミ置き場ですが、建物の住人専用の置き場がある場合はいいのですが、周辺住民と共用のゴミステーションなどを利用する場合は収集日・収集時間などの制限をされることがあります。

夜に出してはダメ!朝8時までなどです。自分の生活時間に合わないと物凄く不便さを感じることになります。

ドア付の専用ゴミ置き場があり、いつ出してもOKという物件がいいです!←これ重要!

ちなみに私はゴミ収集後の掃除当番が回って来る物件に知らずに住んでしまい、超ストレスを感じたことがあります。

1週間掃除をするために仕事に支障をきたす結果に…。

集合住宅では掃除当番なんてないはずと勝手に思い込んでいた私のミスでした。

普通とか一般的ではないルールがあることも考慮し、様々な角度から色々質問してみるといいですよ!

不動産屋でも把握していないことが明らかになるケースもあり、大家さんと相談して改善してくれる可能性も出てきますから!

変な決まりがあると借り手がいなくて困るのは大家さんですからね!

全ての内見を終えて気になる点や修理してほしいもの、確認事項はまとまりましたか?

不動産屋では回答不能な内容は全て大家さんの判断で決まります。

あまりうるさいことを言うと大家さんの方から断ってくる場合もありますから、常識の範囲で要望を伝えるといいでしょう!

現状でというお話しなら最低限の確認だけに留まり、納得いかない場合は別の物件を探した方がいいでしょう。

今後お付き合いしていく大家さんの物件に対する意気込みはないと思った方がいいので、住んでからの設備の故障時なども渋る傾向にあるという判断です。

大家さんが入居者を見るのと同様に入居者側にも大家さんを見る権利はあるはずです!

どちらも気持ちよく契約ができる物件探しは、住んでからも影響しますので慎重に!

賃貸物件の最寄駅から歩いてみよう!

エリカ

エリカ

投稿者プロフィール

学生時代から1人暮らし歴が長く、合計で13回の引越し経験があります。豊富な経験から必要な情報を分かりやすく纏めています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る