賃貸契約の流れと事前に揃えておくと良い書類

ついにここまで来ましたね!

「ここに住みたいっ!」と思える部屋に出会えて賃貸契約を結ぶところまで来た訳ですが…。ここからが大事なんですよ!

不動産屋へ出向く前に確認しておきましょう。

賃貸契約の流れと事前に揃えておくと良い書類

賃貸契約を行う際には契約書にサインする他、必要書類があります。

不動産屋によって多少異なる場合がありますが、一般的に必要とされる書類は以下の通りです。

入居者本人

  • 住民票(基本発行から3ヶ月以内のもの)
  • 本人確認書類…運転免許証、パスポート、健康保険証、学生証など
  • 収入証明書…源泉徴収票や所得証明書など ※学生の場合、連帯保証人の収入証明書
  • 在籍証明書…入居審査時に電話などで確認をとることが多い。
  • 印鑑…認印で可の場合がほとんどです。※シャチハタは不可。
  • 通帳届出印…家賃引き落とし用

連帯保証人

  • 印鑑証明書
  • 収入証明書…源泉徴収票や所得証明書など ※入居者が学生の場合必要
  • 連帯保証人承諾書など(契約時に不動産屋から渡されます)
  • 実印

先に用意し契約時に持参することでスムーズに契約ができます。

保証人が同席していれば、その場でサインすることもできますので何かと便利です。

物件内見の際に不動産屋で必要書類を確認しておくといいですよ!

連帯保証人の書類など、遠隔地の場合はすぐに準備できないこともあります。

事前に確認して余裕をもって行動しましょう。

上記の必要書類の他にも駐車場を借りる場合などは車検証のコピーなどが必要な場合があります。

まずは申込みをします!

希望する物件の申込みが必要です。不動産屋が用意する入居申込書に記入し、必要に応じて申込金の支払いをします。

この金額はあくまでも預けるお金ですので、契約時の残金精算で預り金として精算されます。

必ず預かり証をもらっておきましょう。

およそ1ヶ月分の申込金を支払うことが多いようです。

申込みを行う際に連帯保証人についての記載も必要ですので、勝手に名前を書くことはしないで必ず了承を得ておきましょう。

親御さんであれば「申込書に名前を書くと思うからよろしくね」と一言忘れずにお願いしておきましょう。

入居審査

申込書の記入例は、氏名・住所・勤務先・勤続年数・収入・連帯保証人の情報として、氏名・勤務先・勤続年数・収入などです。

審査の段階で収入証明書などの提出が必要なケースもあります。これらを参考にし、入居審査が行われます。

入居審査の結果がいつ頃出るのかなど、今後の契約スケジュールを確認しときましょう。

一般的には何日もかからず即日結果ということが多いです。

審査に通りますと次は契約です!

契約日を設定します!

賃料が発生する日までに契約を行います。

必要書類の最終確認を行い準備します。

契約金額の確認も行い、支払う金額の準備をしましょう。

連帯保証人と一緒に不動産屋へ行くことができれば大事な実印など直接持参してもらうことができますし、契約時の緊張もほぐれるのでは?

連帯保証人の都合がつかず同席できない場合は、事前に全ての必要書類や実印などを預かり、不備のないように準備してください。

もしくは実印を押印する書類を事前に郵送し記入してもらい、必要書類と一緒に返送してもらいましょう。

状況に応じて動きが変わってくるので、とにかく書類不備のないことを大前提に行動してください。

分からないことがあれば不動産屋に相談しましょう。

契約

必要書類を全て揃え、持参する物を忘れず出掛けましょう!

不動産屋によっては契約時に契約金の支払いをするケースや、契約日までに振込を済ませるケースなど様々です。

重要事項説明が行われ、納得した上で賃貸契約書に記入・押印します。

この時、火災保険の加入申し込みも済ませます。

これで契約は終了です。

鍵の引渡し

賃料が発生する契約日に鍵の引渡しが行われるのが正しいですね。

しかし、実際は契約手続き完了と同時に引き渡されることの方が多いかも?

契約開始日があまりにも先だと後日の鍵引渡しになりますね。

鍵受領書にサインして終了です!

賃貸契約について一通りの流れをお伝えしました。

各内容の詳細は別にお伝えしていきますね!

エリカ

エリカ

投稿者プロフィール

学生時代から1人暮らし歴が長く、合計で13回の引越し経験があります。豊富な経験から必要な情報を分かりやすく纏めています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る